FARM MVP ファーム月間MVP賞

2018年「スカパー!ファーム月間MVP賞」受賞者

2018年「スカパー!ファーム月間MVP賞」受賞者

  • 9月

  • 8月

  • 7月

  • 6月

  • 5月

  • 3月・4月

9月

  • イースタン・リーグ

    横浜DeNAベイスターズ 宮本 秀明選手 内野手 2017年ドラフト7位(秀岳館高)1年目

    9月度は12試合に出場し、リーグ2位となる打率.370を記録。12試合中10試合で安打を放ち、マルチ安打を5回記録するなど、ルーキーがチームをけん引する活躍を見せた。

    試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 打率 長打率
    12 46 17 2 7 5 .370 .543
  • ウエスタン・リーグ

    広島東洋カープ 桒原 樹選手 内野手 2014年ドラフト5位(常葉学園菊川高)4年目

    9月度は14試合に出場し、打率.345(19安打、9試合連続安打を含む。打率、安打数ともリーグ2位)、12得点(リーグトップ)と上位打線でチームをけん引する活躍を見せた。

    試合 打数 安打 塁打 打点 盗塁 打率 長打率
    14 55 19 25 4 4 .345 .455

8月

  • イースタン・リーグ

    読売ジャイアンツ 髙田 萌生選手 投手 2016年ドラフト5位(創志学園高)2年目

    8月度は4試合に先発登板し、リーグトップの4勝を挙げた。投球回(28回)、奪三振(29)もリーグトップの成績。2年目の期待の投手が抜群の安定感で月間首位(18勝5敗 勝率.783)のチームを牽引する活躍を見せた。

    試合 勝利 敗戦 セーブ 回数 奪三振 四球 自責点 防御率
    4 4 0 0 28 29 8 3 0.96
  • ウエスタン・リーグ

    広島東洋カープ A.メヒア選手 内野手 サンファン・バウティスタ中高 3年目

    8月度は12試合に出場し、打率.390(41打数16安打)、5本塁打、15打点でリーグ3冠となった。特にチャンスに強く、得点圏打率(.636)、長打率(.878)、出塁率(.480)も2位以下を大きく引き離すリーグトップの成績を収めた。

    試合 打数 安打 本塁打 打点 打率 長打率
    12 41 16 5 15 .390 .878

7月

  • イースタン・リーグ

    千葉ロッテマリーンズ 安田 尚憲選手 内野手 2017年ドラフト1位(履正社高)1年目

    7月度は全17試合に出場し、マルチ安打を6度記録。23安打、16打点(ともにリーグ2位)、打率.354と好成績を残した。入団1年目のルーキーが、月間11勝5敗1分と好調だったチームの大きな原動力となった。

    試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 打率
    17 65 23 2 16 1 .354
  • ウエスタン・リーグ

    阪神タイガース 板山 祐太郎選手 外野手 2015年ドラフト6位(亜大)3年目

    7月度は14試合中13試合に出場し、打率.385(39打数15安打)で2位以下を大きく引き離し、リーグ首位打者となった。長打率(.718)出塁率(.500)もリーグトップで、月間12勝1敗1分と絶好調だったチームをけん引する活躍を見せた。

    試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 打率
    13 39 15 3 9 2 .385

6月

  • イースタン・リーグ

    東京ヤクルトスワローズ 村上 宗隆選手 内野手 2017年ドラフト1位(九州学院高)1年目

    6月度は出場20試合中17試合で安打を放ち、マルチ安打を6度記録。打率.315、6本塁打(リーグ2位タイ)、7盗塁(リーグトップ)と好成績を残した。出場全試合で4番を任されている入団1年目のルーキーが期待通りの活躍を見せた。

    試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 打率
    20 73 23 6 14 7 .315
  • ウエスタン・リーグ

    福岡ソフトバンクホークス 大竹 耕太郎選手 投手 2017年育成ドラフト4位(早稲田大)1年目

    大竹投手は6月度5試合(中継ぎ3、先発2)に登板。リーグトップタイの3勝を挙げ、月間12勝7敗1分と好調だったチームの大きな原動力となった。

    試合 勝利 敗戦 セーブ 回数 奪三振 四球 自責点 防御率
    5 3 0 0 20 14 2 6 2.7

5月

  • イースタン・リーグ

    北海道日本ハムファイターズ 堀 瑞輝選手 投手 2016年ドラフト1位(広島新庄高)2年目

    5月度は4試合に先発登板。投球回(23.2回)、奪三振はリーグトップ。13日の千葉ロッテ戦で勝ち星をあげると、24日の東北楽天戦では被安打3、9奪三振で完封勝利。31日の埼玉西武戦でも6.2回を0点に抑える粘りの投球を見せ、リーグトップタイの3勝を挙げた。

    試合 勝利 敗戦 セーブ 回数 奪三振 四球 自責点 防御率
    4 3 1 0 23.2 27 8 6 2.28
  • ウエスタン・リーグ

    阪神タイガース 福永 春吾選手 投手 2016年ドラフト6位(クラーク記念国際高)2年目

    5月度は3試合に先発登板。1日の福岡ソフトバンク戦では6.2回を1失点で勝ち投手になると、11日の中日戦でも7回を3失点と粘りの投球で連勝。5月3試合目の登板となった22日のオリックス戦では散発6安打で、5月リーグ唯一となる完封勝利で月間3勝目を挙げた。月間3勝、投球回(22.2回)は共にリーグトップ。

    試合 勝利 敗戦 セーブ 回数 奪三振 四球 自責点 防御率
    3 3 0 0 22.2 10 4 4 1.59

3月・4月

  • イースタン・リーグ

    東北楽天ゴールデンイーグルス 岩見 雅紀選手 外野手 2017年ドラフト2位(慶應大)1年目

    3、4月度は、リーグトップの打率.365を記録し、出場26試合中17試合で安打を放つなど、入団1年目の開幕から安定した打撃を披露した。

    試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 打率
    26 74 27 4 18 0 .365
  • ウエスタン・リーグ

    広島東洋カープ 髙橋 大樹選手 外野手 2012年ドラフト1位(龍谷大平安高)6年目

    3、4月度は25試合に出場し、92打数34安打、リーグトップの打率.370をマークした。34安打、6二塁打はともにリーグトップタイ記録。2017年7月以来2度目の受賞。

    試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 打率
    25 92 34 4 10 1 .370